スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYの急伸を好感し、総じて堅調。

  • 2006/06/30(金) 17:38:33

6月30日の東京石油製品は総じて、堅調となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場がガソリンの需要がさらに膨らむとの思惑から原油・製品ともに急伸していたことで、国内市場でも朝方から追随買いが先行となり、軒並み続伸した寄り付きとなっていました。

しかし、その後は為替が115円台と円高に振れたことから手仕舞い売りも増えだし、上値は抑えられていきました。

ただ、売りも一巡すると時間外取引の上伸が好感され、おおむね値位置を切り上げる展開となっていきました。

後場に入ると、円高がさらに進んだことから、手仕舞い売りが優勢となり、値を削って始まりました。

その後は、狭いレンジでの取引が続く格好となり揉み合いの状態で大引けとなりました。

このあとの、ニューヨーク市場の予想展開としては、
ここまで、待ったなしの状態のまま、ガソリン主導で一本調子での上げが続いてきたことと、週末要因も重なり調整安となってきそうな気配がしています。

ただ、これはあくまで調整に過ぎず、押したところはすぐに、ガソリン需要の最盛期を意識した思惑買いの台頭から反発となってくるものとして捉えておいた方が良さそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先01月限 66,870円(+270円)
東京灯油   先01月限 70,360円(+60円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買41/売26
岡地・・・22枚売り(5862枚売り残)
ひまわり・・・233枚買い(1080枚買い残)
三菱F・・・1211枚買い(1682枚買い残)
豊・・・234枚買い(692枚売り残)
三井F・・・417枚買い(3222枚売り残)

~灯油~                店じり 買24/売43
岡地・・・639枚売り(4702枚買い残)
ひまわり・・・124枚買い(622枚売り残)
三菱F・・・348枚買い(7640枚買い残)
豊・・・256枚買い(1329枚買い残)
三井F・・・191枚買い(1072枚買い残)

それでは、皆様、良い週末をお過ごし下さい。(^^)v


スポンサーサイト

NY原油堅調も製品はまちまち。

  • 2006/06/29(木) 17:57:34

6月29日の東京石油製品はガソリン高、灯油が総じて軟調となって本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場でガソリン在庫の減少が支援材料となり原油とともに続伸していたことから、国内市場でも朝方から買いが集まり、ガソリン主導で軒並み急伸して始まっていました。

この上昇で両製品ともに先限が約定高値を更新していました。

ただ、寄り付き後は時間外取引が軟調になっていたことでおおむね、手仕舞い売りが優勢となりジリジリと値位置を切り下げていきました。

しかし、中盤以降は為替の円安を背景に売りも途切れ、軒並み堅調に推移していました。

後場に入ると、時間外取引が軟化したことから、灯油主導で値位置を切り下げ、一部限月がマイナスサイドにまで落ち込んでいました。

終盤になってくると売りも一巡し、再度ガソリン主導で値を戻し、総じて堅調に推移して大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
ガソリン主導の展開に変化は見られそうにありませんが、米国での独立記念日で休日を控えていることやガソリン在庫の積み増しが不調におわっていることもあり原油価格で72ドル後半あたりの水準が妥当なラインかと思われます。

更なる上値の期待は7月に入ってからになってきそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先01月限 66,600円(+500円)
東京灯油   先01月限 70,300円(+50円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買41/売25
岡地・・・428枚売り(5840枚売り残)
ひまわり・・・737枚買い(847枚買い残)
三菱F・・・1348枚買い(471枚買い残)
豊・・・73枚買い(926枚売り残)
三井F・・・292枚売り(3639枚売り残)

~灯油~                店じり 買25/売42
岡地・・・167枚売り(5341枚買い残)
ひまわり・・・44枚買い(746枚売り残)
三菱F・・・671枚買い(7292枚買い残)
豊・・・130枚買い(1073枚買い残)
三井F・・・542枚買い(881枚買い残)

売り買い交錯、方向感欠く。

  • 2006/06/28(水) 17:27:29

6月28日の東京石油製品はまちまちの状態で本日の取引を終了しています。

前日のニューヨークはガソリンの堅調と原油もガソリン市場の堅調につれ高となったことから、国内市場も朝方から強気買いが先行になって、総じて底堅く寄り付いていました。

ただ、寄り付き後は買い方の手仕舞い売りが優勢となり、軒並みマイナスサイドに転落となっていきました。

中盤になると売りも途切れ出し、時間外取引の上昇が好感されたことで、プラスサイドに値を浮上させる場面もありましたが、前場終盤には再度、手仕舞い売りが優勢となり総じてマイナス圏に値を沈めていました。

後場に入ると、時間外取引の続伸を眺めた買いが持ち込まれ、おおむね底堅く寄り付いて、その後は玉次第の展開となり、方向感を欠いた動きが続いてそのまま大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
反落の可能性が強いものと見ております。
ガソリンのここまで、ほぼ一本調子で上げてきた上昇もここいらで一息入れそうな感じがしています。

需要期のガソリンが牽引役となって来ましたが米インフレ最大要因である原油価格の高騰には非常に市場も敏感に対応してくるものと見られ、上げ圧力も抑制されてくる動きとなってもおかしくはないはずです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先01月限 66,100円(+290円)
東京灯油   先01月限 70,250円(-10円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買44/売23
岡地・・・419枚売り(5412枚売り残)
ひまわり・・・379枚買い(110枚買い残)
三菱F・・・3061枚買い(877枚売り残)
豊・・・15枚売り(999枚売り残)
三井F・・・444枚売り(3347枚売り残)

~灯油~                店じり 買24/売43
岡地・・・184枚売り(5508枚買い残)
ひまわり・・・152枚売り(790枚売り残)
三菱F・・・808枚買い(6621枚買い残)
豊・・・17枚売り(943枚買い残)
三井F・・・224枚売り(339枚買い残)

NY原油の72ドル台回復眺め軒並み急伸。

  • 2006/06/27(火) 18:15:14

6月27日の東京石油製品はストップ高を交え軒並み急伸して本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では製品が一部製油所のトラブルを材料に急騰したことから、東京市場でも寄り付きから買いが先行し、軒並みプラスサイドで始まっていました。

寄り付き後も時間外取引が堅調に推移したことを好感した買いがまさり、期先主導で値位置を切り上げ、おおむね前日比1000円超の上昇力を見せていました。

中盤からは先限の方からストップ高(+1800円)を付けて前引けていました。

後場に入っても、時間外の堅調を背景に引き続き買い優勢の動きで終盤に期近が手仕舞い売りからおおむね軟化するも期先の強気姿勢は変わらず大引けとなりました。

このあとの、ニューヨーク市場の予想展開としては、
米メキシコ湾岸の製油所トラブルの影響でガソリンの供給不安が騒がれていることからガソリン主導で先高期待感が強いように思われます。
ただし、原油価格がこれ以上の上昇力を持つことが出来るかということには疑問符が残りますが・・・。原油72ドル回復後は再び70ドル台への利益確定の売りが勝るとも限りません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先01月限 65,810円(+1,800円)
東京灯油   先01月限 70,260円(+1,680円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買46/売22
岡地・・・242枚売り(4993枚売り残)
ひまわり・・・18枚売り(269枚売り残)
三菱F・・・1543枚買い(3938枚売り残)
豊・・・15枚売り(984枚売り残)
三井F・・・248枚買い(2903枚売り残)

~灯油~                店じり 買37/売30
岡地・・・83枚売り(5692枚買い残)
ひまわり・・・350枚買い(638枚売り残)
三菱F・・・3935枚買い(5813枚買い残)
豊・・・6枚買い(960枚買い残)
三井F・・・335枚買い(563枚買い残)

原油70ドル台回復とNYガソリン急伸で総じて続伸。

  • 2006/06/23(金) 18:02:20

6月23日の東京石油製品は、総じて続伸となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場が旺盛なガソリン需要を背景に続伸したことから、国内市場でも寄り付きから買いが先行し、総じてプラスサイドから始まっていました。

当限の納会値はガソリンが前日比900円安の64000円と急落納会となり、灯油は同1450円高の62780円と暴騰納会となっていました。

その後は、灯油の期近主導で上値を伸ばす展開となり、連日の1000円超の上げを見せていましたが、前場後半からは時間外取引が高値から急速に値を削ったことが嫌気され、おおむね値位置を切り下げて前引けました。

後場に入ると、時間外取引がマイナスサイドに転落したことを受けて、東京も総じて軟調となって始まりました。

ただ、その後は積極的に売り込む材料もなく揉み合いとなりだし、後半は原油の堅調を眺めて灯油主導でジリ高となって大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格70ドル台後半から71ドル台での値固めが出来るかが焦点となっていきそうです。
ガソリンの需要最盛期に入るため、買われやすい状況であることに変わりはないと踏んでいますが・・・。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 63,640円(+790円)
東京灯油   先12月限 67,610円(+1,120円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買46/売23
岡地・・・399枚売り(4503枚売り残)
ひまわり・・・239枚買い(4枚売り残)
三菱F・・・1573枚買い(6132枚売り残)
豊・・・19枚買い(1103枚売り残)
三井F・・・7枚売り(3052枚売り残)

~灯油~                店じり 買33/売34
岡地・・・434枚買い(5520枚買い残)
ひまわり・・・4枚売り(952枚売り残)
三菱F・・・2182枚売り(649枚買い残)
豊・・・158枚売り(992枚買い残)
三井F・・・99枚売り(407枚買い残)

NY原油70ドル台乗せと製品相場急伸でストップ高。

  • 2006/06/22(木) 17:56:01

6月22日の東京石油製品はストップ高を付けて本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場ではガソリン在庫の増加幅が予想を下回ったことから急伸したことと、それにつられ原油も急騰したことを受けて、国内市場でも朝方から買い戻しが優勢となり、期先限月が前日比1000円超の急伸商状で寄り付いていました。

ただ、寄り付き後は時間外取引が軟化したことが嫌気され、手仕舞い売りから総じて伸び悩んでいました。

それから暫くは、横ばい状態が続いていましたが、前引け間際に時間外取引が値を伸ばしたことによって両製品とも大幅に値位置を切り上げて前引けていました。

後場に入ると、為替の円安と時間外取引の上昇が嫌気され、好感され、軒並み続伸し、灯油の期先2限月がストップ高(+1800円)を付けました。

中盤にはガソリンの期先2本もストップ高張り付きをなり、結局、両製品の期先3本が制限幅いっぱいのまま大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
ガソリンを軸に原油、製品ともども更なる上昇が見込めそうです。
市場全体がガソリンの在庫積み増し不足を警戒するムードとなり、このままの状態で需要期を意識した動きとなれば急進場面もあり得ると思われます。
原油価格で71ドル超を視野に入れた動きをとっていくのがベストでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 62,850円(+1,800円)
東京灯油   先12月限 66,490円(+1,800円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~
岡地・・・366枚売り(4104枚売り残)
ひまわり・・・35枚売り(243枚売り残)
三菱F・・・1784枚買い(7705枚売り残)
豊・・・345枚買い(1122枚売り残)
三井F・・・128枚買い(3045枚売り残)

~灯油~
岡地・・・19枚買い(5086枚買い残)
ひまわり・・・114枚買い(948枚売り残)
三菱F・・・978枚買い(1533枚売り残)
豊・・・81枚買い(1150枚買い残)
三井F・・・72枚買い(506枚買い残)

ガソリン軟調、灯油は堅調。

  • 2006/06/21(水) 17:35:05

6月21日の東京石油製品はガソリンは軒並み軟調、灯油は総じて堅調となって本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では原油が安かったものの、両製品が反発していたことから、国内市場でも寄り付きから売り方の買い戻しが先行となり、期近を除いて小反発で始まっていました。

寄り付き後も時間外取引の上昇を好感した買いが優勢となり、期先主導でジリジリと値位置を切り上げていました。

ただ、ガソリンの期近は業転価格の下落が嫌気され大きく軟化しており、中盤頃からマイナスサイドに転落すると、それを受けて期先限月もつられて軟化していきました。

一時はガソリン前限と灯油の一部限月がマイナスとなりましたが前引け間際にはおおむね買い戻された動きとなっていました。

後場に入ると、為替の円高を背景に、売りが優勢となり値位置を切り下げて始まっていました。

その後は時間外取引が上昇したことで売り買い交錯した展開となり、前日の終値付近での揉み合いの状態に終始した展開となっていました。

このあとの、ニューヨーク市場の予想展開としては、
材料視されてくるであろうEIAの週間在庫統計で原油が減産、製品は増予想とそれぞれ違った事前予想が立っており、この発表によってある程度の明確な相場展開も見えてきそうな気配がしています。
ただ現段階では、目先は原油価格で68ドル以下までの下げも出にくい状況ですが、逆に上値も重い状況で狭いレンジでの商いとなりそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 61,050円(-10円)
東京灯油   先12月限 64,690円(-90円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買51/売16
岡地・・・151枚売り(3738枚売り残)
ひまわり・・・30枚買い(208枚売り残)
三菱F・・・604枚売り(9489枚売り残)
豊・・・87枚買い(1467枚売り残)
三井F・・・226枚売り(3173枚売り残)

~灯油~                店じり 買41/売25
岡地・・・311枚買い(5067枚買い残)
ひまわり・・・162枚買い(1062枚売り残)
三菱F・・・174枚売り(2511枚売り残)
豊・・・79枚買い(1069枚買い残)
三井F・・・300枚売り(434枚買い残)

海外急反落受け軒並み続落。

  • 2006/06/20(火) 17:57:09

6月20日の東京石油製品は、軒並み続落して本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場ではイラン情勢を楽観視した売りが大勢で大幅安となっていたことから国内でも、寄り付きから買い方の手仕舞い売りなどが先行となり、軒並みマイナスサイドからのスタートとなっていました。

しかし、寄り付き後には為替の円安と時間外取引の堅調を眺めた買い戻しが入り、おおむね底値を切り上げ、中盤には灯油が総じてプラスサイドに転換する動きを見せました。

ただ、その後は時間外取引も軟化したことから両製品ともマイナス圏での揉み合いとなっていました。

後場に入ると、時間外取引の下落を背景に、おおむね下げ足を速めて始まっていきました。

しかし、中盤以降は時間外が再び堅調に推移し始めたのを受けて買いがガソリンを中心に持ち込まれ、おおむね底堅い展開となっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格は70ドルを割り込んだ状態にあることから納会を控えての鞘滑りも考えれば一段安の展開になりやすい動きとなっていきそうです。

今のところ、地政学的リスクも薄れてガソリン在庫の予想統計も不安視する材料となりにくいことから67ドル近辺までの下げも想定しておいたほうが無難かと考えています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 61,060円(-540円)
東京灯油   先12月限 64,600円(-480円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売19
岡地・・・58枚買い(3587枚売り残)
ひまわり・・・510枚売り(238枚売り残)
三菱F・・・661枚買い(8885枚売り残)
豊・・・118枚売り(1554枚売り残)
三井F・・・343枚買い(2947枚売り残)

~灯油~                店じり 買39/売28
岡地・・・279枚買い(4756枚買い残)
ひまわり・・・58枚売り(1224枚売り残)
三菱F・・・300枚売り(2337枚売り残)
豊・・・67枚売り(990枚買い残)
三井F・・・163枚買い(734枚買い残)

時間外取引好感で軒並み続伸。

  • 2006/06/16(金) 17:42:01

6月16日の東京石油製品は、軒並み続伸して本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場が製品需要の堅調を材料に在庫減少懸念から小高く引けていたことで国内市場でも寄り付きから弱気筋の手仕舞い買いなどが先行し、軒並み続伸して始まっていました。

しかし、その後は為替の円高の影響からすぐに頭打ち状態となり、前場中盤からは週末要因も重なり手仕舞い売りが出され、期先主導で軟化していきました。

その後、前場の後半になると時間外取引が上昇していたことから底堅い展開での取引となっていました。

後場に入っても、時間外取引の上昇が材料視され比較的堅調に始まっていました。

ただその後は手掛かり材料難から揉み合い状態で推移した展開で大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
米国内の株価急伸と原油市場からの資金流出も一息ついた状態でもう一段の上昇とみています。
現在の上値抵抗となっている原油価格70ドル台を維持した動きでまた他市場の上昇にも歩を合わせるかたちで買い進まれるものと想定して来週の動きを見極めていきたいところです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 62,860円(+410円)
東京灯油   先12月限 66,460円(+370円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売20
岡地・・・157枚売り(3800枚売り残)
ひまわり・・・86枚買い(457枚買い残)
三菱F・・・626枚買い(7374枚売り残)
豊・・・235枚売り(1671枚売り残)
三井F・・・40枚売り(2910枚売り残)

~灯油~                店じり 買40/売26
岡地・・・165枚売り(4439枚買い残)
ひまわり・・・27枚売り(1147枚売り残)
三菱F・・・165枚買い(1031枚売り残)
豊・・・10枚売り(1116枚買い残)
三井F・・・165枚売り(484枚買い残)

それでは、良い週末を・・・。
週末はワールドカップ三昧です。
絶対に勝て!!日本!!  !(^^)!

NY原油高と時間外高につられて。

  • 2006/06/15(木) 18:01:10

6月15日の東京石油製品は軒並み反発となって本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場は原油が予想外の在庫減少を受け反発していたことで製品はマチマチだったものの原油高につられる格好で軒並み両製品ともプラスサイドで始まっていました。

寄り付き後も時間外取引が堅調だったことから、総じて買いが勝り、上値を切り上げていましたが、前場の終了間際には戻り売りが入り、おおむね上値を削っていました。

後場に入ると、時間外取引が続伸商状となっていたことから国内市場でも上値追いの展開で始まっていました。

中盤にひあガソリンの期近が1000円超の上昇を見せ、おおむね堅調推移となっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
ガソリンを中心に反落となりそうな気配がしています。
ガソリン需要の低調から見て、さほど盛り上がっていない雰囲気です。
また、原油も最近は上げても一時的な動きを見せていることから70ドルを上値に下値模索の展開となっていきそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 62,450円(+290円)
東京灯油   先12月限 66,090円(+490円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買47/売21
岡地・・・428枚売り(3643枚売り残)
ひまわり・・・82枚売り(371枚買い残)
三菱F・・・824枚売り(8000枚売り残)
豊・・・216枚売り(1436枚売り残)
三井F・・・287枚買い(2870枚売り残)

~灯油~                店じり 買38/売27
岡地・・・33枚売り(4604枚買い残)
ひまわり・・・107枚買い(1120枚売り残)
三菱F・・・397枚売り(1196枚売り残)
豊・・・104枚売り(1126枚買い残)
三井F・・・274枚買い(649枚買い残)

NY原油68ドル台へ急落を眺めて失望売り。

  • 2006/06/14(水) 18:06:32

6月14日の東京石油製品は総じてストップ安を付けて本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で金や株価の急落を嫌気し原油価格が68ドル台まで値を消したことや製品の在庫の増加観測などから国内でも朝方から軒並み急落となり、寄り付いてすぐにガソリンの期先2限月と灯油の10月・11月限がストップ安を付け、おおむね張り付いたままの状態での前場となりました。

後場に入ると、さらに時間外取引が急落したことから、国内も期中以降の限月がストップ安に張り付くようになり、結局、ガソリンの2番限以降と灯油の期先3限月がストップ安のままで大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては原油価格68ドルは割り込みそうな勢いと見ております。
株安の要因となっていた原油価格の高騰がインフレ懸念をもたらしその煽りはまだ大きく残り景気減速の影響からくる下落で65ドル~67ドル付近を目安にして置くことが必要でしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 62,160円(-1,800円)
東京灯油   先12月限 65,600円(-1,800円)

◎主要会社、本日の手口

東工取の合計手口、取組、売買内訳配信が遅れている為、
本日の主要会社の手口はお休みします。

海外市場反映して大幅安。

  • 2006/06/13(火) 17:48:59

6月13日の東京石油製品は、大幅反落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場が在庫の積み増し観測から反落した影響で、国内市場も寄り付きから手仕舞い売りが先行をなり、軒並み急落して始まっていました。

寄り付き後は為替の円安の影響もあり、両製品ともジリジリ底値を切り上げ、おおむね前場の高値を付けた状態で前引けとなっていました。

後場に入ると、時間外取引が大きく値を崩したことを嫌気し、国内も下げ幅を拡大して始まっていました。
しかし、その後売りが一巡すると決め手となる材料に欠いたことから揉み合いとなり、結局は前場の寄り付き値段の付近での商いが続き、そのまま大引けとなっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格は70ドルを割り込み続落となる模様と捉えております。

熱帯低気圧が石油施設に影響を及ぼす見通しも薄れ、それに加えて米国内での株安に歯止めもかかっていないことから少なからず、その最大要素である原油、ガソリンの価格にも上値を抑制させる動きが出てくるものと感じています。

また、在庫の積み増しも順調にきており今週のEIA発表の在庫統計でも弱気な評価がされることも予測できこれも上値を抑える要素となりそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 63,960円(-670円)
東京灯油   先12月限 67,400円(-840円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買46/売20
岡地・・・171枚売り(3469枚売り残)
ひまわり・・・54枚売り(177枚買い残)
三菱F・・・814枚買い(6796枚売り残)
豊・・・225枚売り(281枚買い残)
三井F・・・85枚売り(2425枚売り残)

~灯油~                店じり 買39/売27
岡地・・・29枚売り(3793枚買い残)
ひまわり・・・109枚買い(962枚売り残)
三菱F・・・101枚買い(61枚売り残)
豊・・・114枚売り(2315枚買い残)
三井F・・・71枚買い(562枚買い残)

総じて続落。

  • 2006/06/09(金) 17:45:17

6月9日の東京石油製品は総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場がイラクのザルカウィ容疑の死亡で産油国である同国の治安が改善期待が高まるとの報から続落しており、国内の期近は引き緩んで始まっていましたが、期中以降は円安と時間外取引高から堅調に寄り付いていました。

しかし、その後は時間外が高値から軟化したことが嫌気され、おおむね引き緩み、マイナスサイドへと転落していきました。
中盤には買い戻しが入り出し、再び反発局面となっていました。

ただ、前場終盤には週末要因から売り方の買い戻しが勝り、2商品とも全限がプラスサイドに浮上していました。

後場に入ると、時間外がマイナスサイドに落ち込んだことから、軒並み上値を削った状態で始まりました。
その後も、ジリジリと値位置を切り下げ、両製品の全限がマイナスサイドまでに落ちていきました。

中盤には貴金属市場のストップ安などが圧迫要因となり、急速に地合いを悪化させ、期先が前日比1000円超の下落となりましたが、
引け際には利食いの買い戻しが多くなり切り返しを見せての大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格70ドル台前半を中心とした上値は重い展開となりそうです。
イラン情勢の緊張緩和、米原油在庫の増加などを背景に買い方の手仕舞いなどが先行する流れを継続した動きを見せそうです。
また、イランの核開発問題が佳境にさしかかっており、米国とイランの双方が歩み寄りの姿勢を見せていることからも地政学的リスクは改善の方向に進んでいると判断できるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 63,530円(-540円)
東京灯油   先12月限 67,070円(-570円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売19
岡地・・・290枚売り(3157枚売り残)
ひまわり・・・163枚買い(199枚買い残)
三菱F・・・3350枚売り(7786枚売り残)
豊・・・181枚売り(482枚買い残)
三井F・・・155枚売り(3449枚売り残)

~灯油~                店じり 買40/売26
岡地・・・526枚売り(3726枚買い残)
ひまわり・・・475枚買い(1155枚売り残)
三菱F・・・1831枚売り(964枚売り残)
豊・・・204枚売り(2449枚買い残)
三井F・・・48枚売り(351枚買い残)

それでは、良い週末を・・・。(^^)v
祝・Wカップ開幕!!ガンバレ・ニッポン!!

海外市場の急落受け大幅続落。

  • 2006/06/08(木) 17:47:15

6月7日の東京石油製品は軒並み急続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場は原油、製品ともに急落していたことから国内市場でも朝方こそは円安もあり売りはやや手控えられ、上値も試す動きも見受けられて下げ渋っていましたが、その後は期先を中心に大きく売り込まれる展開となりました。

ニューヨークの急落と時間外取引も続落となっていたことからストップ安(-1800円)まじかまでの急落も考えられる状況ではありましたが、前場は何とか持ちこたえた状況に見受けられました。

後場に入ると、小康状態が暫く続いた展開となっていましたが貴金属市場などが値崩れを起したのをキッカケにガソリン、灯油ともに前場を下回る値動きとなっていきました。

これには少なからず、株価の急落も影響していたものと考えられます。
その後もズルズルと値を下げ灯油の3限月とガソリンの期先がストップ安になり一時は外れる動きもありましたが終盤には張り付いた状態でそのまま大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格70ドル割れを示現してきてもおかしくない状況にまでなってきた気がしています。
また、ニューヨーク株式市場が急落していることも原油高騰の要因が取りざたされておりこの石油市場からの資金離れにも警戒を強めているようです。
夏場のドライブシーズン本格化する需要期前のこの時期だけにもう一段安もありそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 64,070円(-1,790円)
東京灯油   先12月限 67,640円(-1,800円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買50/売18
岡地・・・595枚買い(2867枚売り残)
ひまわり・・・245枚買い(33枚売り残)
三菱F・・・5638枚売り(4436枚売り残)
豊・・・27枚買い(663枚買い残)
三井F・・・908枚売り(3294枚売り残)

~灯油~                店じり 買37/売28
岡地・・・162枚買い(4252枚買い残)
ひまわり・・・28枚買い(1630枚売り残)
三菱F・・・4965枚売り(867枚買い残)
豊・・・675枚買い(2653枚買い残)
三井F・・・146枚買い(399枚買い残)

時間外取引の軟化を嫌気。

  • 2006/06/07(水) 17:49:28

6月7日の東京石油製品は総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で、核問題を巡るイランの強硬姿勢に軟化の兆し見えてきたことで、原油は小反落となっていましたが、ガソリンが小幅反発となっていたことと、円安基調が強まったことから、国内市場も寄り付きから強気筋の買いが先行となり、軒並みプラスサイドからの始まりとなっていました。

しかし、その後は時間外取引が軟調となっていたことを嫌気し売りが優勢となり、灯油の期中がマイナスサイドへ転落し、他商品のお軟化の煽りも受けその後ガソリンも8月限を除きマイナスサイドへ値を消していきました。

後場に入ると、
時間外取引の更なる下落が嫌気され、軒並み下げ幅を拡大して始まりました。

しかし後場も中盤に差し掛かると時間外の戻りが好感され、ガソリン主導でジリジリと値位置を切り上げていました。
が、結局引け際には再び戻り売りに下押された状況で大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
イランの包括案に対する前向きな姿勢と捉えている向きに変化はないようで、もう一段の下げが予想されます。

これがズルズルいくようなら週末には原油70ドル割れも想定しておく必要も出てくると思われます。

前日のイランのラリジャニ事務局長の発言を受け、原油価格が1ドル以上下げたところを見ると、暫くはこのイランの核問題を巡るコメントの動きに左右された展開となるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 65,860円(-160円)
東京灯油   先12月限 69,440円(-360円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買47/売21
岡地・・・52枚買い(3462枚売り残)
ひまわり・・・40枚買い(212枚売り残)
三菱F・・・966枚売り(1202枚買い残)
豊・・・131枚買い(636枚買い残)
三井F・・・458枚売り(2386枚売り残)

~灯油~                店じり 買34/売32
岡地・・・188枚売り(4090枚買い残)
ひまわり・・・53枚買い(1658枚売り残)
三菱F・・・99枚買い(5832枚買い残)
豊・・・110枚売り(1978枚買い残)
三井F・・・410枚売り(253枚買い残)

原油相場につれ、総じて反落。

  • 2006/06/06(火) 17:30:00

6月6日の東京石油製品は、総じて反落となり本日の取引を終了しています。

前日の海外は原油が小幅反落、製品はまちまちな動きをしていましたが、国内では原油相場の下落につられて軒並み反落して寄り付いていました。

しかし、寄り付き後は為替が円安基調を強めたことを好感した買いが優勢となり出し、灯油がプラス圏まで浮上し、中盤には時間外取引が安値から切り返したことから、ガソリンの期先もプラスサイドに意向していましたが、前引け間際には為替が堅調となったことで小幅ながら引き緩んだ動きとなっていました。

後場に入ると、時間外取引が大幅に軟化したことを受けて、売りが優勢となり、軒並みマイナスサイドに落ち込みを見せていました。

その後も弱気筋の戻り売りの基調が強く、結局、当限を除いてはプラス圏まで浮上することは出来ない状態のまま大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
時間外取引でも大幅に値を削っている通り、切り返しを見せるには新たな支援材料が必要なものと考えています。

原油価格で70ドルを下回ることは無いにしても72ドルより下値は付けてきてもおかしくないはないでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 66,020円(-370円)
東京灯油   先12月限 69,800円(-20円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~               店じり 買45/売22
岡地・・・47枚売り(3514枚売り残)
ひまわり・・・177枚売り(252枚売り残)
三菱F・・・3351枚買い(2168枚買い残)
豊・・・17枚売り(505枚買い残)
三井F・・・69枚売り(1928枚売り残)

~灯油~                 店じり 買31/売35
岡地・・・278枚売り(4278枚買い残)
ひまわり・・・140枚売り(1711枚売り残)
三菱F・・・1929枚買い(5733枚買い残)
豊・・・39枚買い(2088枚買い残)
三井F・・・29枚買い(663枚買い残)

時間外安や貴金属安に押されて。

  • 2006/06/01(木) 17:43:03

6月1日の東京石油製品は総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場でイランと米国の核問題に関する協議の可能性を嫌気し、在庫増加見通しの材料も加わり軟化していたのを受け、国内市場でも朝方から買い方の手仕舞いや弱気筋の売りが先行するかたちで、また時間外取引も続落商状だったこともあって概ね弱含んで始まっていました。
しかし、その後為替が112円台後半と円安基調を強めたことを好感し、ガソリンの期近主導で買い戻しが入り、ガソリンの全限がプラスサイドへ、また灯油の期先もプラスとなっていきました。
ただ、前場中盤以降は貴金属市場が大幅に値を沈めたことから、買いも途切れ出し、再び地合いを悪化させていました。

後場に入ると、時間外取引が引き緩んだことが嫌気され、概ねマイナスサイドへと値を消していました。
その後も、戻り売り基調は継続し、結局、大引けまでジリジリと値位置を切り下げていく展開となっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
まず、前日のイランと米国の交渉がクローズアップされそうです。
これにより原油価格70ドル台の水準は底堅く映っておりますがそこから下抜ける可能性も十分あり得るものと思われます。
上昇トレンドを描くには地政学的リスクが重要視されてくことであり、今後のイランの対応には注意が必要です。
現段階、強弱どちらとも判断しづらい状況であることからしても貴金属市場などになびく動きも想定しておくべきでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 64,590円(-580円)
東京灯油   先12月限 68,200円(-510円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売20
岡地・・・256枚売り(3521枚売り残)
ひまわり・・・122枚売り(448枚売り残)
三菱F・・・21枚買い(3927枚売り残)
豊・・・192枚買い(745枚買い残)
三井F・・・124枚売り(2326枚売り残)

~灯油~                店じり 買36/売29
岡地・・・3枚買い(2219枚買い残)
ひまわり・・・96枚売り(1953枚売り残)
三菱F・・・65枚売り(2443枚買い残)
豊・・・220枚買い(2062枚買い残)
三井F・・・116枚売り(456枚買い残)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。