スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の注目材料はココ!

  • 2007/06/07(木) 08:28:23

おはようございます♪
本日ゴムが売り先行で寄り付きそうな気配となっています。

前日の引け間際に下げ足を速めた動きを引き継ぐ展開で、手仕舞いを中心とした売りが国内でも先行してきそうです。

先限07年11月限は今月に入って280円台でのレンジ相場が続いていますが、この水準で値固めをしているとも言われていますが、単に独自の材料に欠けているだけと捉えられる部分もあり、まだ暫くは売り買いの交錯した展開が想定されます。

ガソリン反落、灯油は続伸。

  • 2007/06/06(水) 17:33:53

6日の東京石油製品はガソリンが反落、灯油は続伸して取引を終えています。

5日のNY原油は過去2週間の相場上昇を受けて利益確定の売りが出たほか、改質ガソリンの急落にも圧迫されて反落となっていました。

加えて円高・ドル安も重なり国内市場では寄り付きは両製品とも安く始まっていました。

その後、期先を先導に押し目を買われ灯油の5月限とガソリンの1月限はプラスサイドで前引けとなっていました。

後場に入ると、灯油は期先を先導に値位置を切り上げていったものの、ガソリンの期先は前日終値付近で上値重く推移していました。

この後のNY市場の展開としては、原油は原油はEIAの在庫統計が関心を呼ぶと思われます。

ガソリン在庫の増加や製油所の稼働率アップが期待され、前日の原油・ガソリン安につながっていました。

尚、ペルシャ湾へのサイクロンがいよいよ到達する見込みとなっていますが、この時期の中東でのサイクロンの襲来が非常に珍しい状態らしく先行き不透明となっており、暫くは荒い値動きが予想されています。

過去60年で最大規模のサイクロンといわれるだけに被害を警戒していますが、具体的な被害には至らないと考えられている向きも多く、週末には値を消し、下落基調も強める可能性もありそうです。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

東京ガソリン 07/12月限 65,030円(±0円)
東京灯油   07/12月限 67,220円(+280円)

◎主要会社、本日の手口

~ガソリン~                   店じり 買42/売23

岡地  ・・・・・166枚買い (4281枚売り残)
ひまわり・・・・・276枚売り(1701枚買い残)
三菱F  ・・・・・341枚買い(8700枚買い残)
豊   ・・・・・231枚売り(1328枚売り残)
三井F  ・・・・・62枚売り(28枚売り残)


~灯油~                     店じり 買35/売29

岡地  ・・・・・285枚売り(730枚買い残)
ひまわり・・・・・270枚売り(2560枚売り残)
三菱F  ・・・・・1066枚買い(2823枚買い残)
豊   ・・・・・2枚買い(443枚買い残)
三井F  ・・・・・3枚売り(1718枚買い残)


☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ オンラインセミナー ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

07年06月14日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。
  詳細はコチラ→http://www.fujitomi.co.jp/trade/webSeminar070614.htm

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 役立つ無料レポート ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**


 ●(初級編・中級編)注目の商品先物取引を学んで取引を始めよう!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html

 ●【必見】 ターゲット注文で利益を追求する方法!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 姉妹メルマガ ]**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

 『アシスト・clubの知って得する商品先物』 (更新:隔週刊) 配信中!!
  → http://www.mag2.com/m/0000190485.html

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

本日の注目材料はココ!

  • 2007/06/06(水) 08:26:27

おはようございます♪
石油製品が軒並み反落して始まる見込みとなっています。
5日のNY原油は利食い売りから5営業日ぶりに反落となり、中心限月7月限は0.60ドル安の65.61ドルで引けていました。

ナイジェリアの政情不安やペルシャ湾に向かっているサイクロンへの懸念が買い戻し要因にはなているものの、4日の上昇時にも上値抵抗の66ドル台後半の水準を抜け切れずに終わっており、東京市場でも高値警戒感が強まる可能性がありそうです。

また、為替の円高も下げ要因となることから数百円程度の下落が考えられます。

原油高に追随し上値を追う。

  • 2007/06/05(火) 17:37:37

5日の東京石油製品は続伸して取引を終えています。

4日のNY原油市場は鈍調に始まったものの、インド洋のサイクロンを巡る懸念などからロンドンのブレンド原油先物が上伸したことを受け大幅続伸となって引けていました。

これを受け東京市場でも為替は円高・ドル安でしたが買いが優勢で寄り付いていました。

その後、序盤に利食い売りなどで上値重く推移していましたが、序盤以降は上値を切り上げていました。

後場に入ると、この日の高値圏で小動きしていましたが、ガソリンは引け間際に売り圧力強まり上げ幅を縮小させていました。

この後のNY市場の展開としては原油はペルシャ湾へのサイクロンの評価次第といったところです。

カテゴリー4の強力なサイクロンがペルシャ湾に向っているとされ、前日の急伸の主因になっていました。

しかしながら、これまでサイクロンの影響で供給不安になったことはあまり聞いたことはないのが現状で、現地からも影響なしとの声が多く挙がっており、買いたいための材料にされたといえるでしょう。

しかしながら、時間外では軟調となっていますが、NYガソリン続落とサイクロンによる影響がないことが嫌気されている流れとなっている感じがいています。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

東京ガソリン 07/12月限 65,030円(+760円)
東京灯油   07/12月限 66,940円(+1,160円)

◎主要会社、本日の手口

~ガソリン~                   店じり 買42/売23

岡地  ・・・・・232枚売り (4447枚売り残)
ひまわり・・・・・747枚売り(1977枚買い残)
三菱F  ・・・・・1541枚買い(8359枚買い残)
豊   ・・・・・191枚買い(1097枚売り残)
三井F  ・・・・・743枚買い(34枚買い残)


~灯油~                     店じり 買35/売27

岡地  ・・・・・250枚売り(1015枚買い残)
ひまわり・・・・・132枚買い(2290枚売り残)
三菱F  ・・・・・1109枚買い(1757枚買い残)
豊   ・・・・・8枚買い(441枚買い残)
三井F  ・・・・・155枚売り(1721枚買い残)


☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ オンラインセミナー ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

07年06月14日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。
  詳細はコチラ→http://www.fujitomi.co.jp/trade/webSeminar070614.htm

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 役立つ無料レポート ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**


 ●(初級編・中級編)注目の商品先物取引を学んで取引を始めよう!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html

 ●【必見】 ターゲット注文で利益を追求する方法!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 姉妹メルマガ ]**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

 『アシスト・clubの知って得する商品先物』 (更新:隔週刊) 配信中!!
  → http://www.mag2.com/m/0000190485.html

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

本日の注目材料はココ!

  • 2007/06/05(火) 08:18:23

おはようございます♪
原油・石油製品がNY急伸により続伸する見通しとなっています。
ナイジェリアの情勢不安や中東でのサイクロンの発生を材料に前日のNY原油は7月当限が1.13ドル高の66.21ドルと急伸して終了していました。

この流れを引き継ぎ、東京市場では寄り付きから積極的な買いが入るものと思われます。アナリストらは特に中東産原油の動きに注目しており、ペルシャ湾に近付くサイクロンはこの時期めずらしいらしく6日から7日朝にかけて通過する見込みとなっており、この先、東京市場の急伸を誘う可能性もあると踏んでいるようです。

★★★ 予想屋の週間見通し ★★★

  • 2007/06/04(月) 18:11:53

◆ 金 (押し目買い姿勢 2,550円~2,700円)

反落商状となっていた海外市場では650ドル、国内市場は2,600円付近で推移となっていたが、今後の展開で更に下値を探るという見方をする向きはやはり少なかった。NY原油相場はまだまだこの先も高値波乱が予想され、また1ドル=120円を突破している為替相場は、引き続き円安懸念を払拭出来ないでいる。さらにNY株価が、良好な米経済指標などを背景に史上最高値を更新する一方、東京も遅ればせながら出直りムードを強め、日経平均株価は1万8000円を固めつつある。円キャリー取引の再燃を受け、円安・ドル高が加速する為替相場の動きとともに注目していくべきだろう。目先は直近の高値(5月8日の2,684円)を上抜いていけるかどうかが焦点となるが、一本調子で上がるとは考えづらい状況であることを踏まえると利食いで売りが出たところを買い拾う姿勢が有効だと思われる。


◆ ガソリン (期先は売り姿勢 63,500円~66,500円)

先週のNY原油市場ではナイジェリアを巡る地政学的リスク懸念の後退から下落していたが、週間在庫統計での原油在庫減を受けて65.08ドルで越週、またガソリン在庫増に関しては予想通りだったものの、ガソリン需要増によって前年比1.4%増まで加速したことにより供給不安が再燃してきている。ただ、国内においては元売は6月の仕切価格の引き上げを通告しており、消費後退が懸念されていることで、需要期入りしているだけにコスト転嫁を実施しなければ経営悪化となりかねない状況となっている。現在の定修期明けの増産が出回れば業転価格の下落を招く恐れもあり、期先限月においては売り余地ありとみて対処していきたい。


◆ 灯油 (売り場探し重視 64,500円~67,500円)

暖冬による販売不振が尾を引いて過去3年を大幅に上回る国内在庫となっている。ジェット燃料に振り向けている動きを見せてはいるが、それでも増加は続いている状態となっている。今後においても減産傾向を持続し、在庫の適正化を図ると見られるが、荷余り感が強いだけに上値は抑えられる展開が予測されている。元売が在庫積み増しを極力、抑えていかなければ需要期限月においても現在の在庫状況からすると買いにくく、原油高などで先高期待が強まるような事態において、逆バリで仕掛けて売り場を探していっても良いかもしれないだろう。


◆ とうもろこし (短期仕掛けで 26,500円~28,000円)

シカゴ市場では大豆が一進一退の動きとなる中、とうもろこしにおいては上値追いの展開を見せた。今年大量作付けとなったことで作付けが終了したことによってこれから価格が動きやすくなった状況と言え、当面はこの基調を持続するものと考えられる。特に中西部の東西で生育条件にバラつきも生じていることから市場に対しての不安心理を掻き立てる材料となりやすそうだ。今のところ発芽状況においては前年、平年ともに上回り、作柄状況も前週と変わらずとなっている。天候相場における材料はこれからが本番とも言えるが、今のところ天候プレミアムを評価する買いモノが限定的なだけに、次の材料待ちといった状態。シカゴ市場での本格上昇を待つ方向で仕掛けは短期で臨んでいきたい。


◆ アラビカコーヒー (上げ余地アリ 23,500円~25,500円)

NYコーヒーは、ブラジルの主要生産地で週が進むにつれ気温が上昇するとの予報を受けて大幅な続落を見せていたが週末に急伸。ブラジルの政府はコーヒー500万袋(1袋=60キログラム)の価格維持を目的とした入札計画の詳細を発表し、またブラジルの通貨レアルが2000年11月以来の高値で取引されており、市場では多くの現地生産者を手控えさせていることが強材料となっている。民間気象予報ソマルによると、パラナ州、サン・パウロ州、ミナス州南部のコーヒー産地一帯で雨が降り、今週末は収穫が妨げられる見込み。これはこの先の上げ材料にもなるだろう。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ オンラインセミナー ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

07年06月14日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。
  詳細はコチラ→http://www.fujitomi.co.jp/trade/webSeminar070614.htm

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

本日の注目材料はココ!

  • 2007/06/04(月) 08:14:11

おはようございます♪
金が先週末のNY市場で原油相場の急伸などを手掛かりに大幅続伸していることを受けて、中心限月の8月限が676.90ドルと約3週間ぶりの高値で引けていました。

この先買い戻しの動きが更に活発化してくると言われており、東京市場においても同様の展開となりつつあります。

先限で節目とされる2,650円は一気に上抜きこれまでの戻り売り基調から買い戻しに転換したと見る向きが多いようです。

それでは今週も張り切って参りましょう。(^^♪

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ オンラインセミナー ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

07年06月14日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。
  詳細はコチラ→http://www.fujitomi.co.jp/trade/webSeminar070614.htm

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 役立つ無料レポート ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

製品、ガソリン当限除いて総じて反発。

  • 2007/06/01(金) 17:37:45

1日の東京石油製品は総じて反発して取引を終了しています。両製品ともに原油相場が高かったのを受けて上伸して寄り付いていました。

ドライブシーズンということもあり、灯油に比べガソリンの方が強い動きとなりました。

後場に入ると、週末入りを前に手仕舞い売りに軟化する場面も見られましたが、引けにかけては値を戻していきました。

この後のNY市場の予想展開としては、原油は米雇用統計などの経済指標次第となりそうです。米国景気に大きく影響を与える原油やガソリン価格の値動きだけに弱気な数字が出れば、原油・石油製品での圧迫要因になると見られます。

NY株式市場が堅調なだけにガソリンや原油の下落も限定的ですが、もし株価が急落すれば、当然原油なども悪玉として大きく下落することになるでしょう。

その一方、株価が確っかりしている間の原油の高止まりも予想されます。原油市場に至っては新たな手がかり待ちですが、すでに急騰したガソリンは支援材料にはなりくく、ファンド筋の積極買いもしにくい状況となっています。

6月からはハリケーンが本格化してきますが、今年は平年よりも多いとされています。ただ昨年はかなり多いと予想されたことに反して、ほとんどなかった苦い経験もあるので情報収集はこまめに必要かと思われます。

それでは素敵な週末をお過ごし下さい。(^^)v

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

東京ガソリン 07/12月限 64,090円(+390円)
東京灯油   07/12月限 65,590円(+390円)

◎主要会社、本日の手口

~ガソリン~                   店じり 買45/売19

岡地  ・・・・・78枚売り (3977枚売り残)
ひまわり・・・・・238枚買い(2515枚買い残)
三菱F  ・・・・・573枚売り(5960枚買い残)
豊   ・・・・・557枚買い(1268枚売り残)
三井F  ・・・・・32枚売り(994枚売り残)


~灯油~                     店じり 買39/売23

岡地  ・・・・・37枚買い(1692枚買い残)
ひまわり・・・・・40枚買い(2689枚売り残)
三菱F  ・・・・・872枚売り(285枚買い残)
豊   ・・・・・248枚買い(419枚買い残)
三井F  ・・・・・141枚売り(1765枚買い残)


☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ オンラインセミナー ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

07年06月14日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。
  詳細はコチラ→http://www.fujitomi.co.jp/trade/webSeminar070614.htm

☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 役立つ無料レポート ]☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**


 ●(初級編・中級編)注目の商品先物取引を学んで取引を始めよう!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html

 ●【必見】 ターゲット注文で利益を追求する方法!
  → https://www.fujitomi.co.jp/trade/freereport_top.html


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**[ 姉妹メルマガ ]**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

 『アシスト・clubの知って得する商品先物』 (更新:隔週刊) 配信中!!
  → http://www.mag2.com/m/0000190485.html

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

本日の注目材料はココ!

  • 2007/06/01(金) 08:26:00

おはようございます♪
貴金属が高寄りしそうな様相です。
31日のNY市場で金の期近2限月が7.6ドル~7.9ドル高と金は反発、東京市場でも採算上で30円程の上昇が見込まれます。

米経済の成長率が過去4年強で最低だったとの報の後、インフレ圧力の高まりを示唆するデータ、ドルの対ユーロ安となっており終日、金は買い戻しの動きとなっていました。

今晩の米経済指標の発表で5月の米雇用統計やサプライマネージメント協会の景気指数など主要な経済指標が発表がありますが、これらの内容によっても大きく今後の展開も左右されてきそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。