スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★ 予想屋の週間見通し ★★★

  • 2007/11/12(月) 18:56:11

■ 金 (利食い売り中心に 2,900円~3,100円)

先週、原油価格が史上最高値を更新し続けて100ドルを目前にし、金相場は国内外の市場でそれぞれ節目の価格を突破していた。ただ、ドル安背景の上昇相場をみせてきた金市場だったが、米国株が下落。且つ、サブプライム問題が米金融機関の評価損計上の動きが注目され出し、それに伴いリスクポジションの圧縮の動きが強まり出している。今週は利食い先行の動きが中心となりそうな気配だ。また、ここまで販売好調を維持していたインドをはじめとするアジアでの伝統的現物実需において、現在の水準では確実に後退していくと思われる。先週半ばからの円全面高を背景に次第に下げのプレッシャーがかかっていることも要因。しかしながら、米国に対する信用不安のリスクは容易に沈静化するとは考えずらく、金市場は、押し目を作りながら下値を切り上げていく展開には変化はないと思われる。


■ ガソリン (下値固めへ 74,500円~77,500円)

先週のNY・WTI原油、中心限月となる12月限は95.92ドルから安値93.72ドルを経て高値98.62ドルまで上昇した後、94.54ドルまで下げて96.15ドルで越週。100ドルが視野に入った状況でファンダメンタルズも締まった格好が続いている。国内においても現物の引き合いが見られており、上昇基調を継続していたが、ここにきて高値警戒感と円高基調が下げ圧力となり、上値を圧迫し出している。目先は下値を固める展開となりそうな気配だが、海外市場の強さは依然として変化がない状況なだけに、再び100ドルを目指す展開となっていくことを想定したい。海外に合わせる動きで国内市場も展開を見せるだろう。しっかり下値を確認した後に、安値を買い拾う姿勢をとりたい。下値目処は75,000円。


■ 灯油 (気温動向も注意 70,500円~74,000円)

WTI原油が100ドルを超えて上昇を続ける可能性が高いうちは、連動した展開をみせてくるものと捉えている。国内需要は北向けに次第に活発化してくるが足元では買い気は後退気味。前年と比べて在庫は低水準だが、全国的には冷え込みが厳しくなく、買い気の盛り上がりには欠けている状態。目先は原油の動向と、国内の気温にも注視していく必要がありそうだ。円高が下げ圧力をみせているが、基本姿勢は原油に連動した動きを想定して、買いポジションをとっていきたい。


■ とうもろこし (買い仕込み準備 31,000円~33,000円)

9日に発表のあった需給報告では07-08年度の米コーン期末在庫見通しを18億9700万Busとした。この水準は、事前予想の平均を下回った結果となった。また供給面では生産高が1億5000万Bus引き下げられ131億6800万Busとなった。需要面においては生産量減少見通しと価格上昇見込みを反映し減少となり、期末在庫は1億Bus下方修正された。これは過去最高の生産高にも関わらず現物価格が上昇していたため。商品全面高の格好をみせていたが、今週は円高が下げ圧力となりそう。しかし、原油・ガソリンの上昇に伴い、エタノール向け需要が活発化するとの見方もあるだけに安易に弱気になることは危険を伴うことになるだろう。原油動向及び為替に注意しながら慎重に買い玉を仕込みたい。


■ アラビカ (納会まで頭重い 21,800円~23,800円)

先週のアラビカは23,000円前後での保合となっていた。NYコーヒーは120セント割れから小幅反発し、保合。ブラジルでの乾燥緩和、11月に入ってからも一部地域で不足があるものの、降雨が観測され、また今後も降雨予報が出ていることから、まだ楽観視はできない状況ではあるが、干ばつ懸念は後退、結実が進むとみられている。東京市場では15日に11月限が納会を控え、順ザヤのアラビカは当限から圧迫がかかっており、納会に絡んで期先限月もサヤすべりが懸念され、弱含みとなりやすいだろう。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

~お知らせ~

これまで、日々のコメントや週間展望を掲載させていただきましたが、
今回の掲載を持ちまして終了させていただくことになりました。

これまで、閲覧して下さった方には大変感謝しております。
ありがとうございました。

なお、今後は会社で作成するブログに掲載しますのでそちらでお付き合い下さいますようお願い申し上げます。

下記URLよりご覧下さい。
http://cx-trade.no-blog.jp/station/


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

当ブログはお客様の参考までに担当者独自の視点で予測等を行なっております。
内容の正確性、完全性を保証するものではありません。
掲載内容によって生じたいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねますので
予めご了承ください。
実際の取引に当たってはお客様ご自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ⇒11月20日(火)に開催されるセミナーのご案内です。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 この度、「インテレス情報サイト」でお馴染みのC.T.Aである
 齋藤 和彦 氏をお招きし会場セミナーを開催いたします。
 つきましては、ぜひこの機会にご参加ください。

 -----------------------------------------------------------

             ご案内URL
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  URL:http://www.fujitomi.co.jp/trade/seminner071120.htm
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

スポンサーサイト

★★★ 予想屋の週間見通し ★★★

  • 2007/11/05(月) 18:19:39

■ 金 (ドル相場に警戒 2,900円~3,100円)

先週、注目されたFOMCでは0.25%の利下げとなる結果となり、これが大方の予想範囲であったことに対し、市場には折り込み済みだったことで相場への影響は限定的なものとなった。揉み合いを続けながらも少しずつ高値を切り上げてきている。今後もドルの基調が変わるなら金にも大きな調整が入る可能性はあるが、現在のところ、米国経済を見る限りはドルが高くなるとは思えない状況。今週も安くなったところは買われやすくなるだろう。中長期的には国内価格において先限3,000円は通過点になるといった見方は多いようだ。米サブプライム問題に発する米国経済の悪化はまだまだ根は深そうであり、月内は米雇用統計や日銀総裁会見などイベントも多く控えているが、ドルが買われる余地は少ない現状にあり、ドルを強気に見ることは当分なさそうだ。押したところは積極的に買い拾う姿勢を保ちたい。


■ ガソリン (上昇傾向は継続 74,000円~77,500円)

今や商品市場全体の牽引役となっている石油市場であるが、その勢いは留まるところを知らない状況となっている。NY原油は終値ベースで史上初めて90ドル台を維持した展開となっており、相場高騰に対する警戒感はあるものの、下押し局面では、すかさず買いが入るような環境となっている。また国内需給は弱いもののそれを上回るだけの海外の強さがある。今週も原油連動の高値波乱が見込まれるだろう。外資系ファンドの買い越しが続いており、これに商社と実需の買いも加わって相場のスケール自体が大きくなっていることが伺える。ここまできてもパニック的な上昇相場となっていないことが、上昇の堅実さを物語っている。原油も100ドル台突入が間近に迫っているだけに今週も市場の足取りを決める立場で推移することだろう。


■ 灯油 (原油に追随 70,000円~73,500円)

需要期の集まる期近限月は現物市場の需給タイト化から強含む姿勢を保っている。灯油在庫が前年同期比21%減と低水準で、この時期としては異例の在庫取り崩しもみられ、需給はタイトな状況となっている。これを背景とした先限も弱気できない環境が波及しており、強気スタンスを維持している。NY原油が強気姿勢を崩してこない限りはこの流れは継続とみておくべきだろう。また中東地域からの原油供給がイラン情勢悪化に伴い停止する懸念も台頭しており、今週も原油に追随する展開を想定して臨みたい。


■ とうもろこし (修正局面入り 30,000円~32,500円)

国際商品全般に市場心理が働いており、コーンのおいても不安定な相場状況となっており上下波乱含みとなっている。需給については輸出成約が伸びており、11月以降輸出は本格化へ向かう。海上運賃の調整安が国内市場の売り圧力につながったが、これは一時的なものとなりそうだ。目先9日の米農務省生産予想及び需給報告が注目となるが、FCストーン社のコーン生産量予想は132億4,000万Bus(単収153.8Bus)と前回の同社予想を2億0,500万Bus下方修正していることは発表までの間の上げ材料となりうる。加えて問題となるのは原油市場の100ドル乗せにも注目しておきたい。達成できないとなれば一斉に売り人気に傾斜することも想定しておきたいところだ。


■ アラビカ (下値固めの展開 22,800円~24,800円)

先週、東京市場は23,000円を支持に下げ止まり小幅保合、NYでは120セントの支持を割り込む形で軟調推移となった。ブラジルのコーヒー産地では降雨が観測され、開花が進んでいる。まだ雨量が不足している地域もあるものの、今週も降雨が予報されており、圧迫を強めやすい状態となっている。短期的な材料としては、NYでファンド筋の買い越し枚数が高水準にあること、天候リスクや需給要因などで下値は限定されてくると思われる。しかしながら来週納会を控えているだけに玉整理には警戒が必要だろう。


☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

当ブログはお客様の参考までに担当者独自の視点で予測等を行なっております。
内容の正確性、完全性を保証するものではありません。
掲載内容によって生じたいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねますので
予めご了承ください。
実際の取引に当たってはお客様ご自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ⇒11月20日(火)に開催されるセミナーのご案内です。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 この度、「インテレス情報サイト」でお馴染みのC.T.Aである
 齋藤 和彦 氏をお招きし会場セミナーを開催いたします。
 つきましては、ぜひこの機会にご参加ください。

 -----------------------------------------------------------

             ご案内URL
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  URL:http://www.fujitomi.co.jp/trade/seminner071120.htm
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。