スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯油期近主導でストップ安交えて急落。

  • 2006/02/01(水) 17:50:55

 2月1日の東京石油製品はストップ安を交えて急落となって取引を終了しました。

1月31日の海外製品相場が原油下落につれ安となっていたことを受けて、国内市場でも手仕舞い売りなどがかさみ、軒並みマイナスサイドでの寄り付きとなっていました。
その後も為替が引き締まった状況だったことや、時間外取引も軟化していたことで売りが優勢となっており、業転相場の軟調から灯油の期近主導でジリ安商状となっていきました。
前場中盤には両製品とも1000円超の下げ幅を見せ、灯油の4月~6月限がストップ安(-1600円)を付けていました。
前場終盤もジリ安商状は変わらずガソリンの6月限と灯油の7月限もストップ安を付けていました。

後場に入ると、時間外安と国内在庫減の強弱材料で、売り買い交錯した状態になりもみ合う展開となっていました。しかし、後場中盤以降は灯油の期近・期中がストップ安に張り付くようになり、ガソリンの当ぎりは下げ渋りを見せた状態のまま大引けとなっていました。

このあとのニューヨーク相場の予想展開としては、
まず、EIAの在庫発表が材料視されることとなりますが、OPEC総会も一段落つき、関心は米国の需給になってきますが原油、製品とも在庫は潤沢の状態に変化は無く、原油価格で68ドルは割高水準と判断されそうです。米北東部の暖冬からの需要低迷も深刻化しており66ドル近辺までの下落も想定できるでしょう。
今のところ、地政学的リスクでしか反発の材料は見当たらないような展開になりそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先8月限 64810円(-1160円)
東京灯油   先8月限 60620円(-1280円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~           店じり 買24/売44
岡地・・・295枚買い(2248枚売り残)
ひまわり・・・361枚買い(1050枚買い残)
三菱F・・・82枚売り(8939枚買い残)
豊・・・599枚買い(583枚買い残)
三井F・・・689枚買い(188枚買い残)

~灯油~             店じり 買27/売40
岡地・・・545枚売り(780枚売り残)
ひまわり・・・360枚買い(1524枚買い残)
三菱F・・・1961枚買い(11389枚買い残)
豊・・・64枚買い(386枚買い残)
三井F・・・368枚売り(3035枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

為替

外貨投資を始めたいという方必見!セントラル短資オンライントレード───────────┐─────┐─┐─┐─┐─┐─┐─┐─┐─┐─┐★オンライン口座開設で│5000円│キ│ャ│ッ│シ│ュ│バ│ッ│ク│!│───────────┘─────...

  • From: 為替で稼ぐ (為替・投資信託・FX) - livedoor Blog(ブログ) |
  • 2006/02/01(水) 22:00:39

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。