スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンは総じて堅調、しかし灯油は・・・。

  • 2006/02/07(火) 18:03:36

 2月7日の東京石油製品はガソリンが総じて堅調、灯油が総じて軟調となって本日の取引を終了しました。

6日のニューヨーク相場がガソリンの在庫増の観測を嫌気して急反落したことを受けて、東京市場でも寄り付きから手仕舞い売りや新規売りが先行し、軒並み大幅反落で寄り付いていました。
ただ、為替が119円台前半と円安・ドル高基調となった為に、下げ幅は限定された状態でした。寄り付き後は時間外取引が軟調となったことを嫌気した売りが持ち込まれ、期先主導でジリジリと値を切り下げていき、両製品の期先は前日比1000円超の下げを見せていました。
しかし、中盤以降になると売りも一服し、買戻しなどが入り始め灯油主導で値を切り返し、先限がプラス圏を回復していました。また、ガソリンも業転相場の上昇から当限がプラスサイドを付けました。その後も為替の軟調と時間外の戻りを眺めながらの買いから軒並み底堅く推移していました。

後場に入ると時間外が軟調や円高を眺めて、軒並み値位置を切り下げて寄り付いていました。
しかし、後場の中盤からは時間外が堅調さを取り戻した格好となり国内も期先主導で切り返し、灯油の期近を残してプラスサイドへと転換していました。
しかしながら、大きく買い上げるだけの材料に乏しい状態な為、終盤には概ねもみ合った展開となり、そのまま大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
イランの核開発問題の安保理付詫が決定しましたが、今後のイランによる原油輸出停止といった動きは出にくい状況と言えることから判断して、もう一段の下落が予想されます。
在庫水準も潤沢であることも弱材料となり原油価格で63ドル台を維持できればいいほうかと思われます。
穀物や貴金属といった市場にファンド資金が集まっている中でも、石油に関しての資金流入には一服感が強いようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先8月限 64520円(-190円)
東京灯油   先8月限 59890円(-280円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~           店じり 買25/売44
岡地・・・507枚買い(683枚売り残)
ひまわり・・・271枚売り(1135枚買い残)
三菱F・・・3214枚買い(7433枚買い残)
豊・・・164枚売り(60枚売り残)
三井F・・・70枚売り(142枚売り残)

~灯油~             店じり 買31/売37
岡地・・・39枚買い(1557枚売り残)
ひまわり・・・13枚買い(1776枚買い残)
三菱F・・・1240枚買い(7115枚買い残)
豊・・・119枚売り(461枚買い残)
三井F・・・92枚買い(2075枚売り残)


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

こんばんは!

相互リンクのお誘いありがとうございました。

私も石油は、もう一段の下げを予想しています。

私の期待もありますが・・・笑

今後ともよろしくお願いします。

  • 投稿者: ほーがん
  • 2006/02/07(火) 19:55:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。