スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン主導で手仕舞い売り優勢。

  • 2006/02/14(火) 17:40:02

 2月14日の東京石油製品は、軒並み続落となり本日の取引を終了しました。

前日の海外相場はガソリン主導で続落したことや、為替も円高に振れていたことが要因となり東京市場でも軒並み売り先行となり、灯油の期近主導の大幅続落で寄り付いていました。
寄り付き後は両油種の期先に買い戻しが入り始め、プラスサイドへと転換する動きが見られていました。
時間外取引のほうが買い戻しに転じていたことが好感されていたようです。
中盤までは手掛かり材料難からおおむねもみ合うとなっていたのですが、終盤にかけては、時間外取引が再度軟化したことでガソリン主導で急落した状況で前引けとなりました。

後場に入ると、灯油の当ぎりが大幅安となり、ガソリン・灯油ともに追随安で始まっていました。
その後も後場中盤にかけほぼ一本調子で下げ幅を拡大していき、ガソリンの当ぎりを除いて軒並み前日比1000円超の大幅下落となりました。
後場中盤以降は底値圏でのもみ合いとなり、灯油は総じて下げ渋った展開でそのまま大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
材料視されてくるであろうEIAの在庫統計に対する予想に注目となりますが、原油・製品とも増加予想が立っており、もう一段の下落も考えられるでしょう。
また、米気象当局(NWS)が13日の発表で週予報では18日までの1週間の同国暖房用燃料需要は平年を4.4%下回る見通しと出ています。
主要暖房消費地域の大半で気温が平年並みに近づくためだとのことです。
このことも圧迫要因に加えられれば、下落基調にも更に加速が付きそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先8月限 59080円(-1490円)
東京灯油   先8月限 55040円(-990円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~            店じり 買43/売24
岡地・・・156枚買い(333枚買い残)
ひまわり・・・878枚売り(306枚買い残)
三菱F・・・253枚売り(3663枚売り残)
豊・・・434枚売り(205枚売り残)
三井F・・・292枚売り(1231枚売り残)

~灯油~              店じり 買37/売30
岡地・・・199枚買い(921枚売り残)
ひまわり・・・122枚売り(1756枚買い)
三菱F・・・217枚売り(1064枚買い残)
豊・・・79枚買い(984枚買い残)
三井F・・・ 185枚買い(2127枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。