スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY原油60ドル割れを映して。

  • 2006/03/09(木) 17:39:06

 3月9日の東京石油製品は、おおむね続落となって本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場の下落を眺めた売りが朝方から持ち込まれ、東京市場でも寄り付きから大きく値を崩して始まっていました。
また、時間外取引が60ドルを大きく割り込んだことも圧迫要因として強かったようです。
しかし、寄り付き後は為替が円安基調を強めたことや灯油の業転相場が続伸したことから、売り方の買戻しが入り出し、灯油の期近が主導となり反発となり、灯油の5月限はプラス圏まで値を切り返していました。
前場中盤になると買いも長くは続かず再び売りが優勢となり、軒並み値を崩し、急落していきました。
しかし、前引け間際には、安値を買い拾う向きも出てきだして、おおむね下げ渋っていました。

後場に入ると、時間外が下値から持ち上がりを見せだしたため、総じて底堅く始まっていました。
その後も押し目買い基調がジリジリと強まり後場の中盤には灯油が総じてプラス圏となるなど堅調さを見せていました。
終盤には為替が118円台に乗せたことで堅調さも増してはいましたが、大引け間際には手仕舞い売りが出され急速に地合いを悪化させた状態で取引を終了しました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格60近辺でのもみ合いを予想しています。
OPEC総会もひと段落着いたことで売り材料も出尽くし感が多少しているので反発局面も出てきそうですが、しかしながら、現在の原油在庫を背景とした潤沢な状態に特に変化も見受けられないことからも下値余地は残しているままだと判断できるでしょう。
両者を比較して判断するなら、やや下押す展開の方が優勢かと思われますが・・・。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先9月限 60990円(-380円)
東京灯油   先9月限 57850円(-460円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~            店じり 買39/売30
岡地・・・155枚売り(1437枚売り残)
ひまわり・・・95枚買い(2448枚買い残)
三菱F・・・2013枚売り(989枚売り残)
豊・・・90枚買い(1183枚売り残)
三井F・・・19枚買い(1095枚売り残)

~灯油~              店じり 買35/売33
岡地・・・832枚買い(383枚買い残)
ひまわり・・・58枚売り(469枚買い残)
三菱F・・・209枚売り(650枚買い残)
豊・・・15枚売り(657枚買い残)
三井F・・・588枚買い(811枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。