スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米原油在庫の増加を嫌気して。

  • 2006/03/16(木) 17:44:55

 3月16日の東京石油製品は、大幅反落して本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場は製品在庫が減少と発表があったにも係わらず、原油在庫の増加に影響されつれ安となっていたこもあり、国内市場でも朝方から売りが優勢となり、期近を除いてマイナスサイドからのスタートとなっていました。
寄り付き後も時間外取引の軟化を背景にジリジリと値位置を切り下げていってましたが、前場の中盤からは業転価格が灯油・ガソリンともに上昇となっていたことから先物市場でも期近が底堅く推移しだし、期先もこれにつれ高をなりました。
しかし、前場も終盤に差し掛かると再び時間外が下落を見せていたために、国内でもおおむね頭を抑えられる格好となっていました。

後場に入っても、前引けからの流れを引き継ぐ形で、手仕舞い売りが優勢となって始まりました。
その後も、時間外取引の軟調の煽りを受けてジリジリと値位置を切り下げ後場中盤には両製品とも1000円超の下げも見せだしていました。
結局そのままズルズルと下げの勢いは止まることなく灯油の期先がストップ安(-1600円)、ガソリンでもストップ安寸前のところまで急落していました。

このあとのニューヨーク市場の展開としては・・・、
EIA発表の原油在庫の増加は今回の製品の在庫減少に影響より材料視されたのは、今後のガソリン生産に回復の期待が大きいものから来たものであることが立証されたことになる訳ですから、ガソリン供給不安は今後、急速に後退していくものと考えられます。
よって原油価格で近い将来60ドル割れも想定できるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先9月限 61,140円(-1340円)
東京灯油   先9月限 58,420円(-1460円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~               店じり 買30/売38
岡地・・・444枚買い(1797枚売り残)
ひまわり・・・431枚買い(2281枚買い残)
三菱F・・・5830枚売り(2135枚買い残)
豊・・・208枚買い(854枚売り残)
三井F・・・745枚売り残(1257枚売り残)

~灯油~                 店じり 買24/売43
岡地・・・122枚買い(193枚買い残)
ひまわり・・・45枚買い(6枚買い残)
三菱F・・・3185枚売り(3995枚買い残)
豊・・・78枚買い(319枚買い残)
三井F・・・226枚買い(1783枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。