スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の急落を嫌気して軒並み反落。

  • 2006/03/23(木) 17:59:18

 3月23日の東京石油製品は、軒並み反落となって本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場は春のドライブシーズンに向けて製油所が増産に入るとの思惑から、ガソリン相場が急落しており、ヒーティングオイルもこれにつれ安となっていた影響から、東京市場でも寄り付きから手仕舞い売りなどが先行し、軒並み反落して始まっていました。
寄り付き後も為替の円高を背景にした売りが優勢となり、期先主導でジリジリと値位置を切り下げていっていました。
ただ、灯油の業転相場が上昇していたことから、当限はおおむね下げ渋りを見せていました。
前場中盤以降は時間外の製品相場が高値から軟化していた影響で、国内も下げ足を速めて、両油種の期先が1000円超の下落となっていました。

後場に入ると、時間外取引の上昇を背景に買い主導に切り替わり、おおむね上伸して始まっていました。
その後も石連からが昼過ぎに発表した灯油の国内在庫が7.7%減となっていたことで順調に買いを集めだし、灯油の中限がプラスサイドに転換するまでになっていました。
しかし、後場終盤には買いも頭打ち状態となり総じて軟化となって大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
NY原油は自律反発の動きとなってきそうです。
前日のガソリン暴落の調整局面も出てくる可能性もあるので原油もヒーティングオイルもしっかりした格好となりそうです。
ただし、原油の在庫自体はまだ高水準にありまだ下値余地は十分ありと踏んでおいて間違いはないでしょう。
今のところ時間外取引は急伸してはいますがせいぜいこの辺りで止まる可能性はありますね、きっと・・・。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先9月限 62,040円(-360円)
東京灯油   先9月限 59,450円(-220円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~               店じり 買33/売35
岡地・・・340枚買い(2594枚売り残)
ひまわり・・・131枚買い(2002枚買い残)
三菱F・・・2910枚売り(6476枚買い残)
豊・・・166枚売り(1376枚売り)
三井F・・・329枚売り(1279枚売り残)

~灯油~                 店じり 買26/売40
岡地・・・156枚買い(116枚買い残)
ひまわり・・・イーブン(84枚買い残)
三菱F・・・1316枚売り(6721枚買い残)
豊・・・29枚買い(247枚買い残)
三井F・・・351枚売り(2153枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。