スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安と時間外取引高を受けて総じて反発。

  • 2006/04/26(水) 17:45:58

4月26日の東京石油製品は総じて反発となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では原油が急反発して引けていたことと、昨日の国内市場での急落劇からの反発が重なり、灯油の期近以外はおおむね反発して寄り付いていました。
貴金属相場の上昇も支援されていたようです。
この日、発会した11月限はガソリンが10月に比較し、300円安の67500円となり灯油は同740円高の70300円と上ザヤ発会で始まっていました。
寄り付き後は、灯油の期近を除いてジリ高商状となっていましたが、中盤ごろには灯油の当限がストップ安(-2400円)まで値を沈めたことが嫌気され、総じて反落となりその後はもみ合い状態で前引けていました。

後場に入ると、時間外取引が底堅く推移しだし、国内でも下げ渋って始まりましたが、その後、為替が円安に振れていたことで買いが優勢となり期先を中心に買われていく展開となりました。
終盤には両製品の期先が1000円超の上昇力を見せ、時間外取引がプラスに転じたこともあり、結局、おおむね反発となって大引けとなっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
中心材料となってくるのはEIAの在庫統計ですが、ガソリン在庫の200万バレル以上と大幅な減少が予想されているだけに買い材料としては文句無いところであると考えます。
ここから、原油価格で75ドルを節目として考えれば、これを超えてくるようならば、再び上昇基調も強くなってくるでしょう。
あとは、強材料として地政学的リスクがくれば確実性も増すのですが・・・。そこまでの力があるかどうかは疑問符が残りますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先11月限 68,130円
東京灯油   先11月限 70,770円

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~             店じり 買27/売39
岡地・・・97枚売り(3242枚売り残)
ひまわり・・・127枚買い(7305枚買い残)
三菱F・・・1943枚買い(10111枚買い残)
豊・・・113枚売り(1234枚売り残)
三井F・・・89枚売り(768枚売り残)

~灯油~               店じり 買15/売50
岡地・・・131枚買い(985枚売り残)
ひまわり・・・655枚売り(2723枚買い残)
三菱F・・・2624枚買い(12603枚買い残)
豊・・・12枚買い(206枚買い残)
三井F・・・219枚買い(770枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。