スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYガソリンの需給逼迫後退から大幅反落。

  • 2006/04/27(木) 17:47:50

 4月27日の東京石油製品は一部限月でストップ安を付けるなど、大幅反落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク相場がガソリンの需給逼迫懸念が後退したことで軟調に推移していたことを受け、国内市場でも寄り付きから手仕舞い売りや弱気筋の売りが先行し、期先主導の軒並み安で始まっていました。
また時間外取引が小幅安となっていたことも圧迫要因となっていました。
業転相場は両製品とも上昇していたものの、特に材料視されることなく、灯油の9月限はストップ安(-1600円)を付け、為替の円高基調もも売りを誘い、中盤には灯油の8月・10月限もストップとなりました。
その後は時間外が底堅く推移していたこともあり、安値圏でのもみ合い状態が続いていました。

後場に入っても、もみ合いの格好で始まっていましたが、時間外の下落を眺めて売りが勝り新たにガソリンの9月・10月限と灯油の7月限がストップ安を付けていきました。
終盤には一時的に値を持ち直す場面もあったのですが、戻りも限定的となった状態で大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
EIA在庫統計でガソリン在庫の減少はあるものの、同時に需要面に着目するとこちらも落ち込んでいる為、強材料にはなりにくい状態となっており、続落を想定しております。
また、製油所の稼働率もアップしていること、輸入量も拡大傾向にあることなども圧迫要因となりうるでしょう。
このままなら、5月には原油価格も下落に向かい70ドル割れも出始めてもおかしくはないでしょうね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先11月限 66,840円(-1,290円)
東京灯油   先11月限 69,710円(-1,060円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~           店じり 買31/売36
岡地・・・274枚買い(2968枚売り残)
ひまわり・・・173枚買い(7478枚買い残)
三菱F・・・3509枚売り(6602枚買い残)
豊・・・74枚買い(1160枚売り残)
三井F・・・740枚売り(1508枚売り残)

~灯油~             店じり 買19/売46
岡地・・・607枚買い(378枚売り残)
ひまわり・・・55枚買い(2778枚買い残)
三菱F・・・2598枚売り(10005枚買い残)
豊・・・107枚買い(313枚買い残)
三井F・・・490枚売り(1260枚売り残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。