スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間外安や貴金属安に押されて。

  • 2006/06/01(木) 17:43:03

6月1日の東京石油製品は総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場でイランと米国の核問題に関する協議の可能性を嫌気し、在庫増加見通しの材料も加わり軟化していたのを受け、国内市場でも朝方から買い方の手仕舞いや弱気筋の売りが先行するかたちで、また時間外取引も続落商状だったこともあって概ね弱含んで始まっていました。
しかし、その後為替が112円台後半と円安基調を強めたことを好感し、ガソリンの期近主導で買い戻しが入り、ガソリンの全限がプラスサイドへ、また灯油の期先もプラスとなっていきました。
ただ、前場中盤以降は貴金属市場が大幅に値を沈めたことから、買いも途切れ出し、再び地合いを悪化させていました。

後場に入ると、時間外取引が引き緩んだことが嫌気され、概ねマイナスサイドへと値を消していました。
その後も、戻り売り基調は継続し、結局、大引けまでジリジリと値位置を切り下げていく展開となっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
まず、前日のイランと米国の交渉がクローズアップされそうです。
これにより原油価格70ドル台の水準は底堅く映っておりますがそこから下抜ける可能性も十分あり得るものと思われます。
上昇トレンドを描くには地政学的リスクが重要視されてくことであり、今後のイランの対応には注意が必要です。
現段階、強弱どちらとも判断しづらい状況であることからしても貴金属市場などになびく動きも想定しておくべきでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 64,590円(-580円)
東京灯油   先12月限 68,200円(-510円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売20
岡地・・・256枚売り(3521枚売り残)
ひまわり・・・122枚売り(448枚売り残)
三菱F・・・21枚買い(3927枚売り残)
豊・・・192枚買い(745枚買い残)
三井F・・・124枚売り(2326枚売り残)

~灯油~                店じり 買36/売29
岡地・・・3枚買い(2219枚買い残)
ひまわり・・・96枚売り(1953枚売り残)
三菱F・・・65枚売り(2443枚買い残)
豊・・・220枚買い(2062枚買い残)
三井F・・・116枚売り(456枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。