スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間外取引の軟化を嫌気。

  • 2006/06/07(水) 17:49:28

6月7日の東京石油製品は総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で、核問題を巡るイランの強硬姿勢に軟化の兆し見えてきたことで、原油は小反落となっていましたが、ガソリンが小幅反発となっていたことと、円安基調が強まったことから、国内市場も寄り付きから強気筋の買いが先行となり、軒並みプラスサイドからの始まりとなっていました。

しかし、その後は時間外取引が軟調となっていたことを嫌気し売りが優勢となり、灯油の期中がマイナスサイドへ転落し、他商品のお軟化の煽りも受けその後ガソリンも8月限を除きマイナスサイドへ値を消していきました。

後場に入ると、
時間外取引の更なる下落が嫌気され、軒並み下げ幅を拡大して始まりました。

しかし後場も中盤に差し掛かると時間外の戻りが好感され、ガソリン主導でジリジリと値位置を切り上げていました。
が、結局引け際には再び戻り売りに下押された状況で大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
イランの包括案に対する前向きな姿勢と捉えている向きに変化はないようで、もう一段の下げが予想されます。

これがズルズルいくようなら週末には原油70ドル割れも想定しておく必要も出てくると思われます。

前日のイランのラリジャニ事務局長の発言を受け、原油価格が1ドル以上下げたところを見ると、暫くはこのイランの核問題を巡るコメントの動きに左右された展開となるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 65,860円(-160円)
東京灯油   先12月限 69,440円(-360円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買47/売21
岡地・・・52枚買い(3462枚売り残)
ひまわり・・・40枚買い(212枚売り残)
三菱F・・・966枚売り(1202枚買い残)
豊・・・131枚買い(636枚買い残)
三井F・・・458枚売り(2386枚売り残)

~灯油~                店じり 買34/売32
岡地・・・188枚売り(4090枚買い残)
ひまわり・・・53枚買い(1658枚売り残)
三菱F・・・99枚買い(5832枚買い残)
豊・・・110枚売り(1978枚買い残)
三井F・・・410枚売り(253枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。