スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY原油68ドル台へ急落を眺めて失望売り。

  • 2006/06/14(水) 18:06:32

6月14日の東京石油製品は総じてストップ安を付けて本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で金や株価の急落を嫌気し原油価格が68ドル台まで値を消したことや製品の在庫の増加観測などから国内でも朝方から軒並み急落となり、寄り付いてすぐにガソリンの期先2限月と灯油の10月・11月限がストップ安を付け、おおむね張り付いたままの状態での前場となりました。

後場に入ると、さらに時間外取引が急落したことから、国内も期中以降の限月がストップ安に張り付くようになり、結局、ガソリンの2番限以降と灯油の期先3限月がストップ安のままで大引けとなりました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては原油価格68ドルは割り込みそうな勢いと見ております。
株安の要因となっていた原油価格の高騰がインフレ懸念をもたらしその煽りはまだ大きく残り景気減速の影響からくる下落で65ドル~67ドル付近を目安にして置くことが必要でしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先12月限 62,160円(-1,800円)
東京灯油   先12月限 65,600円(-1,800円)

◎主要会社、本日の手口

東工取の合計手口、取組、売買内訳配信が遅れている為、
本日の主要会社の手口はお休みします。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。