スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油市場につれ安。

  • 2006/07/21(金) 17:55:59

7月21日の東京石油製品は、総じて続落となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で製油所による操業停止の報からガソリンが上伸していたことで原油もつられて4日ぶりに反発となっていましたが、前者の要因が国内では繁栄されガソリンの期近は反発して寄り付いていたものの、その他の限月は原油の下落を嫌気した手仕舞い売りでおおむね続落して始まっていました。

寄り付き後も時間外取引の軟調さを眺めた弱気売りが勝り、期近主導で続落となり、灯油の期先が前日比1000円超の下落となっていました。

その後はガソリン当限のみ現物市場の堅調さから上昇を見せたものの、期先は前引けにかけてほぼ一本調子で下落していきました。

後場に入ると時間外取引が底値から反発していたことから、国内でもおおむね下げ渋って始まっていました。

しかし中盤には灯油の期先を中心に週末を控えた手仕舞い売りが持ち込まれ、大きく値を沈め、先限が節目の7万円を一時割り込む状況となりましたが、終盤にかけては時間外取引が値を大幅に戻したことが好感され、おおむね小じっかりとした展開となっていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油は続落となる見込みが強いと考えています。
72ドル台までの下落も想定した方が無難と思われます。

米国の景気減速懸念が足かせにもなり、製油所での臨時修理などもありますが、供給不安にまでは発展する見込みもなさそうです。

納会を控えているということもあり、一段安も予想できそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先01月限 68,110円(-850円)
東京灯油   先01月限 70,550円(-1,100円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買41/売25
岡地・・・501枚買い(5750枚売り残)
ひまわり・・・257枚買い(3074枚買い残)
三菱F・・・1088枚売り(3685枚買い残)
豊・・・8枚売り(1109枚売り残)
三井F・・・452枚売り(3593枚売り残)

~灯油~                店じり 買26/売39
岡地・・・254枚売り(2366枚買い残)
ひまわり・・・622枚売り(1851枚買い残)
三菱F・・・2867枚売り(4772枚買い残)
豊・・・58枚売り(635枚買い残)
三井F・・・46枚買い(2669枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。