スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間外取引の上伸を好感し祖応じて堅調。

  • 2006/09/07(木) 18:00:08

9月7日の東京石油製品は総じて堅調となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では原油がポジション調整の動きやイラン問題のリスクプレミアムの低下などで1ドル強の下落となっていたことと、製品相場が在庫積み上げにより小安く引けていたことで国内市場でも朝方は買い方の投げや、弱気筋の売りが先行となり、軒並み反落して始まっていました。

寄り付き後は時間外取引の反発や円安を眺めた買い戻しも持ち込まれ、おおむね底堅くなっていました。

中盤にかけてもみ合いとなったあと、前場後半は時間外がマイナスサイドに転落したことが嫌気され、ガソリン主導でジリ安商状となっていました。

後場に入っても、前引けの流れを引き継いだ売りが先行し、軒並み値位置を切り下げて始まりました。

しかし、中盤になると原油相場が安値を買われて堅調になっていったことで急伸し、期先を中心にプラスサイドに浮上していきました。

その後もほぼ一本調子で上伸したものの、前日の終値が抵抗となり、大引け間際には、反落した格好で引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
主要材料となってくるのはEIAの在庫統計ですが、ガソリンの需要ピークを終えたこともあり、ファンド筋を中心に買い進むとは考えにくい状況と言えそうです。

事前予想で在庫の減少は予想されていますが、時期的な部分で判断しても減少する時期にあたるため、よほどの大幅減少にならない限り支援材料とはなりにくいでしょう。原油価格65ドル示現も考えておきたい場面と言えるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 07/03月限 63,860円(+230円)
東京灯油   07/03月限 64,000円(+350円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売17
岡地・・・312枚売り(3768枚売り残)
ひまわり・・・154枚売り(7951枚売り残)
三菱F・・・1927枚買い(5285枚売り残)
豊・・・93枚売り(315枚売り残)
三井F・・・119枚売り(2118枚売り残)

~灯油~                店じり 買47/売19
岡地・・・124枚買い(2641枚買い残)
ひまわり・・・192枚買い(1630枚売り残)
三菱F・・・315枚買い(2870枚売り残)
豊・・・315枚買い(2870枚買い残)
三井F・・・89枚買い(1993枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

円安牽制?

7日の外国為替市場、東京時間の夕方に突然発表された、ミロー独財務次官による「G7では円の弱さや、人民元および中東問題等を協議」この発言でほぼ1円の円高となりました。

  • From: 外国為替取引、賢者への道 |
  • 2006/09/08(金) 11:34:33

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。