スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外安と円高でおおむねストップ安。

  • 2006/10/03(火) 17:25:11

10月03日の東京石油製品は、おおむねストップ安(-1,800円)となり本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場で、原油のファンドの売りに急落したのを受け国内でも朝方から買い方の整理売りが先行するかたちとなり、軒並み安で始まっていました。

寄り付き後も時間外取引の急落や為替の円高を嫌気した売りがかさみ、両製品の期先2限月がストップ安を付けるなど、下値を切り下げる展開となっていました。

中盤には貴金属市場の急落も圧迫要因となりガソリンの2番限以降と灯油の3番限以降がストップ安を付け、そのまま両製品の先限はストップ安のまま前引けとなっていました。

後場に入ると、時間外が安値からの切り上げ見せたことからこれを好感した買いが優勢となり、おおむね底値を切り上げる展開となっていました。

しかし中盤になってくると買いも続かず再び期先を中心にストップ安に張り付くようになり、結局ガソリンの2番限以降と灯油の期先3限月がストップ安のままで取り引きを終えていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油価格はここまで60ドル超えを維持してきたものの、これを割り込む展開が予想されます。

OPEC加盟国の減産はナイジェリアとベネズエラに止まりましたが、この水準の価格で消費国では高いと判断しており世界的な需要期入りを前に反発の声もでており、適正水準として55ドルから57ドル付近が妥当であると考えられているようです。60ドル台での値ごろ買いは9月で終了していると踏んでよいでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 07/04月限 56,960円(-1,800円)
東京灯油   07/04月限 54,840円(-1,800円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買49/売17
岡地・・・409枚買い(1382枚売り残)
ひまわり・・・273枚売り(7852枚売り残)
三菱F・・・1016枚売り(11705枚売り残)
豊・・・59枚売り(155枚買い残)
三井F・・・831枚売り(838枚売り残)

~灯油~                店じり 買44/売21
岡地・・・46枚買い(2402枚買い残)
ひまわり・・・455枚買い(1159枚買い残)
三菱F・・・1001枚売り(8195枚売り残)
豊・・・89枚売り(611枚買い残)
三井F・・・94枚売り(1231枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。