スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップ安絡め、一週間ぶりの安値更新。

  • 2006/10/04(水) 17:56:21

10月04日の東京石油製品は、一部限月がストップ安をつけるなどの下落を見せ、本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では、米国内の需給緩和観測から原油価格が58ドル台まで急落していたことと製品相場もそれにつれ安となっていたことで、国内市場でも寄り付きから失望売りが持ち込まれ、期先主導で急落した動きとなっていました。

この下げによって先限が直近の安値を更新することとなり、寄り付き後も時間外取引の続落を嫌気した売りがまさり、おおむね2,000円超の下げとなり、中盤に一端は押し目買いから戻りも見せていましたが、買いが途切れると再び戻り売りの歩調となっていました。

後場に入っても、時間外の下落を背景とした売りがまさる状態が続き、軒並み下値を切り下げる展開で始まっていました。

その後も時間外がジリジリと値位置を切り下げていったことから追随売りが誘われ、ガソリンの3月限と灯油の期先2限月がストップ安を付けるなど軒並み地合いを弱めていました。

ただ、引け間際には時間外が安値から反発を入れたことが好感され、小戻した状態で大引けていました。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
とりあえず目先の下値は原油価格55ドルと判断すれば更に下押す動きが想定されそうです。

実際に消費国側からすれば60ドルの水準は安いとは判断していないかぎりOPECが減産に動く構えを見せてこない限りはファンド勢を中心とした叩き売りが継続との見方が多いようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 07/04月限 54,300円(-2,660円)
東京灯油   07/04月限 52,230円(-2,610円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~
岡地・・・614枚買い(768枚売り残)
ひまわり・・・171枚買い(7681枚売り残)
三菱F・・・1053枚売り(12758枚売り残)
豊・・・553枚売り(398枚売り残)
三井F・・・226枚売り(1064枚売り残)

~灯油~
岡地・・・405枚売り(1997枚買い残)
ひまわり・・・577枚買い(1736枚買い残)
三菱F・・・366枚売り(8561枚売り残)
豊・・・125枚売り(486枚買い残)
三井F・・・640枚売り(591枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。