スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油60ドル近辺までの続伸受け、軒並み上昇。

  • 2006/10/17(火) 17:38:20

10月17日の東京石油製品は、軒並み続伸して本日の取引を終了しています。

前日のニューヨーク市場では、OPECが19日に開く緊急総会で減産合意を行うという見通しから、円高が圧迫材料となっていたものの、原油高を好感し朝方から軒並み高寄りとなっていました。

ただ、最近の業転価格の下落を背景に、両製品とも当限は上値は抑えられ期先主導で高寄りとなっていました。

その後は手仕舞い売りなどに圧迫されもみ合いで推移して前引けていました。

後場に入っても、流れは変わらず、売りと買いが交錯し、もみ合いとなっていて、その後も様子見気分が広がり終始狭いレンジでの取引が続いていました。

ガソリンの当限に限り、業転価格が軟調に推移していたことから、一時マイナスサイドに落ち込む場面も見受けられていました。

明日発表の米エネルギー情報局(EIA)からの石油製品の週間在庫統計についてのアナリスト予想では平均で前週比110万バレル増とでており、ガソリン在庫が同10万バレル減、ディスティレート(留出油)在庫が同50万バレル減で、製油所稼働率は0.3ポイント低下と予想されております。

このあとのニューヨーク市場の予想展開としては、
原油60ドル近辺でのもみ合う状態を予想しています。
在庫予想では減少との見方は強いものの、以前として在庫の潤沢な状況に変化は見られておらず、既にこの材料に関しては織り込まれているものと判断しています。

この先、60ドルを上回るような展開となるには目新しい材料が必要なものになってくるでしょう。
いずれにせよ、短期的・中期的にも弱材料の強さは変わらないように見えています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 07/04月限 58,750円(+570円)
東京灯油   07/04月限 56,970円(+570円)

◎主要会社、本日の手口
~ガソリン~              店じり 買48/売19
岡地・・・64枚買い(1398枚売り残)
ひまわり・・・234枚買い(5494枚売り残)
三菱F・・・491枚買い(12752枚売り残)
豊・・・212枚売り(756枚売り残)
三井F・・・101枚売り(339枚売り残)

~灯油~                店じり 買44/売23
岡地・・・190枚売り(1361枚買い残)
ひまわり・・・699枚売り(2056枚買い残)
三菱F・・・614枚買い(6683枚売り残)
豊・・・60枚買い(299枚買い残)
三井F・・・122枚売り(465枚買い残)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。