スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン強し・・・。

  • 2005/09/09(金) 17:30:06

9日の東京ガソリン、灯油は違った動きとなってガソリン高の灯油安という形で引けました。
NY原油はハリケーンの影響で製油所の回復が予想より遅れるとの報やEIAの在庫統計で640万バレル減の発表を受けて反発していました。
事前の予想より特にガソリン在庫が予想より減少していたこともあり、
国内でもガソリン主導の動きを見せていました。
中でも期近では現物需給の引き締まり感が強く上場来高値を更新する場面も見せており強気の姿勢は変わることはありませんでした。
しかし、灯油の上値は重くガソリンに吊られ一時プラスに転じる場面もありましたがすぐに抑えられ結局マイナスサイドに戻る形で終えました。
今後のNY原油においては製油所操業再開の動向に視点を置き、
各国の在庫放出の動きに注意を払いたいところです。

ガソリン期先:58810円(+310円)
灯油期先:56790円(-270円)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原油価格上昇と日本経済

原油価格上昇の最大の原因は、中国の需要増加が需給のタイト化を招いている事である。戦略備蓄の放出は一時的な要因に過ぎず、1バレル100ドルを越えるという意見が体勢を占めている。現在、日経は脳天気に上昇を続けているが、原油価格の高騰が続けば壊滅的打撃を受けるであ

  • From: 1喝たぬき |
  • 2005/09/10(土) 11:37:56

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。