スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンは総じて、灯油は軒並み続落。

  • 2007/07/25(水) 17:35:52

25日の東京石油製品はガソリンが総じて続落、灯油は軒並み続落して取引を終えています。

前日のNY原油がOPECによる増産観測などで急落していたことと、円高ドル安が嫌気され、下押して始まっていました。

その後、序盤に下げ渋る場面も見られましたがドル・円相場の円高進行を眺めて戻りを売られていました。

一方、本日の納会を迎えた当限8月限は、ガソリンが前日比550円高の75,390円と高納会し、納会値としてはこれまでの高値である06年8月限の70,690円を上回り上場来の高値を付けました。

また灯油の当限8月限は前日比1500円安の61,800円と急落納会となっていました。

後場に入ると、時間外取引が上昇したことと、ドル・円相場が円安方向に振れたことで下値を切り上げ、ガソリン期近9月限はプラス浮上していきました。

ただ、大引けにかけては戻りを売られた格好で終えていました。

この後のNY市場の展開としては、原油はさらなる大幅安もありそうです。OPEC議長の適正価格発言で流れは完全に弱気に傾斜したといえます。

原油は北海ブレントの急騰を好感してNYガソリン以上の急騰をみせ、NYガソリンが暴落した時も高止まりしていましたが、さすがに60~65ドルの適正水準発言をキッカケにしてガソリンにサヤ寄せする動きになるでしょう。

ガソリンは4ヶ月振りの安値を示現するなど、大幅安を演じていますが、原油も月末まで70ドル台も意識すべきではないかと思われます。

今晩発表されるEIAの在庫統計が目先の注目材料ながらも大勢の弱気な流れには変化ない見込みとなっています。
☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**

東京ガソリン 08/01月限 65,480円(-550円)
東京灯油   08/01月限 67,550円(-1,340円)

◎主要会社、本日の手口

~ガソリン~                   店じり 買40/売26

岡地  ・・・・・636枚売り (2440枚売り残)
三菱F  ・・・・・619枚買い(2676枚買い残)
豊   ・・・・・51枚売り(2164枚売り残)
アストF ・・・・・260枚売り(1891枚売り残)


~灯油~                     店じり 買42/売22

岡地  ・・・・・503枚買い(1194枚売り残)
三菱F  ・・・・・384枚売り(2804枚売り残)
豊   ・・・・・41枚売り(248枚買い残)
アストF ・・・・・22枚売り(1441枚買い残)


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。