スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★ 予想屋の週間見通し ★★★

  • 2007/10/22(月) 17:39:09

■ 金 (下値は限定的 2,780円~2,955円)

先週末に開催された先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)はユーロ高や円安是正に関する文言が盛り込まれなかったことで市場では、米国経済に対して金融市場の混乱や、住宅市場の弱さなどから逆にドルに対するリスク懸念を感じており、ドルの弱さはまだ継続する展開となりそうだ。米国の景気減速懸念は2008年に向けても影響してくるものと思われるが、金融緩和によるドル下落は金相場への下落圧力を中和させるか、むしろ景気回復期待が持てるようになってくれば、安定上昇の継続となりうる。先週末発表のあったCFTC建玉明細による非当業者による大口投機家のポジションは引き続き買い玉が優勢となっている。また現物需給も活発化してくる時期であるだけに、下値は限定されてこよう。押したところは丹念に買い拾う姿勢を取って臨みたい。


■ ガソリン (高値波乱余地 66,500円~69,900円)

NY原油が断続的に高値を追っている展開に後押しされており、国内で足元の販売が伸び悩みをみせ、買い気は盛り上がっていないものの、在庫の減少傾向や11月に向けてのコスト上昇を見越して高値を維持している。この流れは今週も継続とみて、NYに連動する動きとなりそう。週末に下押したNY原油もトルコ・イラク間国境での軍事衝突の可能性が高まっており、2国間をまたがる原油パイプラインの存在もあって売り圧力は今後、後退してくるものと考えられる。中期的にみても新興国の持続的な経済成長に伴う需要の拡大を背景に100ドル水準を上回るとの見方も増えており、まだまだ高値波乱は原油同様で、ガソリンにおいても継続するものとして捉えておきたい。


■ 灯油 (原油に連動高 65,800円~69,100円)

現物市場では、北日本で荷足が付き始め、北海道での販売好調が伝えられるなど、冬場の在庫溜め込みに向け、スポットでの買い気は当面持続するものと思われる。ガソリンと比較すると出遅れ感はあるが、原油高を背景とした先高感から、売りは出にくい環境となっている。北日本で品薄感が表面化してくれば上昇力は強くなってくると思われる。しかしながら、足元の基調は強いものの、気温次第で騰勢は急変する可能性もあることから、警戒感は原油・ガソリンと比較すると持っておく必要はあるだろう。


■ とうもろこし (上値余地残す 29,200円~31,500円)

天候相場期もほぼ終わりに近付いてはいるが、10月半ば以降の米中西部での多雨が収穫作業を遅らせており、品質の悪化や減産する恐れを懸念し、他穀物とは対照的な動きをみせており、買い人気を集めている。また米国農家は大豆・小麦を高値で販売した結果、資金が豊富であるため、コーンをホールドする姿勢を強めているようだ。金・原油の上昇といった影響もあるが、何よりドル安での商品への資金流入により、商品連鎖高の公算は大きい。加えて、海上運賃の上昇も重なり下がりにくい環境を形成している。警戒すべきは円高といったところだろう。小麦・大豆に出遅れて割安な水準である分、まだコーンの上値余地はありとみている。


■ アラビカ (まだ調整安の範囲 23,000円~25,500円)

これまでブラジルのコーヒー産地では8月以降から乾燥気候にあり、開花への障害が懸念されていたが、10月半ばからは降雨が観測されだし、下旬も引き続き降雨が予想され、開花が促進されると見通しが出たことで市場は急落となった。市場ではブラジルの2008/09年度の生産高を5,000万袋以上と見込む向きもあるが、それでも大幅な需給緩和にはつながりにくく、11月も雨量不足で結実に影響が出れば、需給ひっ迫感が出てくる可能性もある。引き続きブラジルの天候を眺めた動きとなってくるだろう。安易に弱気になることは避けておいた方が良さそうだ。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

当ブログはお客様の参考までに担当者独自の視点で予測等を行なっております。
内容の正確性、完全性を保証するものではありません。
掲載内容によって生じたいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねますので
予めご了承ください。
実際の取引に当たってはお客様ご自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。

☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

フレックスタイム制と30代,40代の転職

フレックスタイム制とは、労働者が自由に始業時間と終業時間を決めることができる制度 http://dart.photobycolin.com/

  • 投稿者: -
  • 2008/08/26(火) 10:38:27
  • [編集]

スカウトを目指して30代,40代で転職

スカウトとは、人材を自分たちの組織に引き入れる採用活動全般のこという http://kathode.catvtestchips.com/

  • 投稿者: -
  • 2008/11/06(木) 22:24:18
  • [編集]

財務諸表と30代,40代の転職

財務諸表とは、企業が作成する一定期間内の財務状況を表した計算書類で、企業の経営成績や財務の安全性、利益額の処分方法などを示している http://campus.catvtestchips.com/

  • 投稿者: -
  • 2008/11/07(金) 21:21:11
  • [編集]

わきがで痩せる

わきの下から特有の強いにおいがする状態 http://paradise.victoriaclippermagazine.com/

  • 投稿者: -
  • 2008/11/27(木) 20:46:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。