スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油製品ストップ安。円高と貴金属の煽り。

  • 2005/12/15(木) 16:59:14

 15日の東京ガソリン、灯油は概ねストップ安で今日の取引を終えました。
 前日のNYガソリンが在庫統計の発表で増加したことや、原油相場が大幅に下落したことが嫌気され、両製品とも軒並みマイナスサイドからの寄り付きになりました。
 そこに為替が急激円高の状況が煽りに拍車をかけたのと時間外取引が軟調のダブルパンチという展開になりそれが圧迫要因なっていた様です。灯油は在庫減と国内の気温低下から下げ渋る場面もあったのですがマイナス要因の材料が押し切る形でガソリンの2番限以降と灯油の3番限以降がストップ安を付け、両製品とも当ぎりを除き大幅安という結果になりました。

 このあとのNYの動きですが今のところ時間外の価格も軟調に推移しており60ドル前半あたりで揉み合うことが予想されます。
ただし、米北東部の気温低下からこれを材料視したファンド勢が仕掛け時を見計らっているようにも見えるのでそのタイミングは十分な警戒が必要な感じがしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京ガソリン 先6月ぎり 60220円(-1600円)
東京灯油 先6月ぎり 57030円(-1600円)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。